肌荒れ ビタミンC 効果

肌荒れの改善にビタミンCの摂取量はどのくらい必要?

 

ビタミンC,肌荒れ,効果,摂取量

美肌のためにビタミンCを摂っている女性はたくさんいると思います。

 

ビタミンCは、シミや色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑制してくれる効果が高いので、美肌ケアには必須のビタミンですよね。

 

また、ビタミンCには、肌だけでなく体全体の代謝を良くしてくる
効果があると言われています。

 

ビタミンCが美肌に効果的ということは何となく知っていても
「肌荒れにどう効くの?」「どのくらい摂取すれば?」などなど
わからないことも多いのではないでしょうか?

 

そこで、ビタミンCの肌荒れ改善の効果やメカニズム、さらに必要摂取量などを
まとめてみましたので参考にしていただければと思います。

 

 

肌荒れにビタミンCは効果絶大!

 

ビタミンCは、別名で「アスコルビン酸」と呼ばれる水溶性ビタミンの一種です。

 

肌荒れに作用するビタミンCの効果は3つあります。

 

1.抗酸化作用で肌荒れ改善

 

ビタミンCには、抗酸化作用があるので、皮膚の細胞を守ったり
肌の老化を予防できるので積極的に摂っていきたい栄養素です。

 

皮膚や血管の老化を防いで、肌の回復力に役立ちますので
肌荒れ改善に効果的と言えます。

 

2.ニキビ、ニキビ跡にも効果的

 

ビタミンCは、真皮細胞にあるコラーゲンやエラスチンの生成を促してくれる
働きがあります。

 

肌のハリをよくしてくれたり、肌荒れによるボツボツやニキビ跡の改善にも
大変有効に作用します。

 

3.新陳代謝アップで肌がキレイに

 

新陳代謝(ターンオーバー機能)が正常に働かなくなると
古い角質が垢となって蓄積し、それが毛穴を詰まらせるため肌荒れやニキビになります。

 

ビタミンCは、代謝機能が向上したり、ターンオーバーが正常に機能することを助けるので
肌荒れの改善スピードを上げるのに役立ちます。

 

 

肌荒れに効果的なビタミンCの摂取量

 

成人の男性女性における1日のビタミンCの推奨量目安は100mgです。

 

ビタミンCの含有量を食品でみてみると、
例えば、みかん1個に30mg、いちごは大きいもので1個20mgぐらい含まれています。

 

ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いという性質上、
生で丸ごと食べられる食品が最も効率よく摂取できます。

 

食事中にはサラダなどの野菜を摂りいれるほか、食後にフルーツを摂りいれるなど、
日々の食生活の中でこまめにビタミンCを補給する習慣をつけると良いですね。

 

ただ、ここでポイントになるのは1日100rというのは必要最低限の量だということ。
つまり、この量を下回らないように注意しましょうという目安になります。

 

では、肌荒れの改善やビタミンCがお肌に及ぼすプラスの効果を期待する場合
どれぐらい摂取すればいいのでしょうか?

 

その場合は、ビタミンC:1日2,000r以上といわれています。

 

ビタミンCを摂っているのに、肌荒れが良くならない・・と思っている方は
そもそもビタミンCの摂取量が全然足りていないのかもしれませんね。

 

ビタミンCは1度にたくさん摂っても2〜3時間で尿と一緒に体外へ排泄されてしまいますので
たくさん摂っても心配いりません。

 

しかし、2〜3時間しか効果が保たないことになりますから
毎回の食事で摂取していく必要があります。

 

また、サプリメントで補う場合は1日の量を数回に分けて飲むことで
ビタミンCの効果を持続させることができますから試してみてください。