頬 かゆい 乾燥

頬のかゆみを伴う肌荒れの原因は?かゆい敏感肌の改善対策

頬やアゴ、フェイスラインなどがかゆくて困っていませんか?

 

赤くなったり、カサついたり、ポツポツ出来たり、
皮むけ・粉ふきになることも・・・。

 

「かゆみ=乾燥」って思いがちですが、
じつは、乾燥以外にもさまざまな原因があるようです。

 

私も、頬がかゆくなるときがあり、
その時にいろいろ調べてみて解決しましたので
かゆみで悩んでいる方の参考になればと思います。

 

 

顔がかゆい肌荒れの原因は?

 

乾燥によるかゆみ

 

かゆみを伴う肌荒れは、乾燥によることが多いのは事実。

 

季節の変り目や秋から冬にかけての乾燥する時期には
とくにかゆい症状が出ますよね。

 

また、年齢を重ねるとお肌が乾燥しやすくなり、
若い頃よりも、肌荒れ時にかゆみやカサつきを感じます。

 

アレルギーによるかゆみ

 

ハウスダスト、ダニ、花粉など、さまざまな外的要因で
肌が荒れてかゆくなることも多いのです。

 

花粉は季節性と思われがちですが、
年間通してさまざまな花粉が飛散しているので
春先や秋口だけとは限りません。

 

ストレスによるかゆみ

 

あまり知られていないのがストレスによっても
かゆくなったりポツポツの肌荒れが起きるということ。

 

ストレスは体全体のバランスを崩してしまうだけではなく
いろいろな症状が出てしまうもの。

 

人間関係、仕事、環境の変化など
精神的に影響を受けると、体の免疫力は低下し、
肌荒れやかゆみとして症状が出ることもあるのです。

 

スキンケアによるかゆみ

 

毎日、お肌のために行っているスキンケアが
かゆみや赤みといった肌荒れの原因になっていることも。

 

気になるからって、ゴシゴシ顔を洗ってませんか?

 

肌は力を入れてこするとバリア機能を破壊してしまいます。

 

また、洗浄成分が残っていては肌のかゆみをおこす
原因となってしまいます。

 

睡眠不足によるかゆみ

 

もしかして、睡眠不足だったり
不規則な生活でリズムが狂っていませんか?

 

肌のカサつきやかゆみなどの悩みは生活の乱れからもおきます。

 

とくに、弱った顔のお肌は敏感になっていてデリケートな状態。

 

夜更かしや、不摂生がかゆみ肌の原因の一つになります。

 

食生活の乱れによるかゆみ

 

偏食や食生活の乱れなどで、肌のターンオーバーが遅れたり
乱れることによって、新陳代謝が行われずに
肌トラブルの原因になります。

 

とくに、ビタミンB群が不足すると、
湿疹や皮膚炎といったアレルギー症状が出やすくなったり、
ニキビ、吹き出物などができやすくなります。

 

便秘によるかゆみ

 

かゆみなどの肌荒れが気になるア・ナ・タ!
もしかして便秘気味じゃないですか?

 

ニキビや肌荒れで顔がかゆい場合、
腸内環境が悪くなっているケースも多いようです。

 

便秘になると、血液もよどみ、免疫力も落ちるので
お肌も荒れやすく皮膚トラブルがおきやすくなります。

 

 

いかがですか?

 

頬やアゴ周りなど、かゆみを伴う肌荒れの症状が起きているときは
乾燥だけじゃなく、さまざまな要因が考えられます。

 

また、上記の原因が2つ3つ重なっていることもありますので
当てはまるものは改善していきましょう。

 

 

顔がかゆい肌荒れの効果的な改善方法

 

かゆみを伴う肌荒れの時は、お肌が薄くなっているサインと
言われています。

 

このような肌状態の場合は、感覚が敏感になっていますので、
少しの刺激で赤くなったりかゆくなったり、
ピリピリとした痛みを感じたりすることがあります。

 

つまり、肌の表面にある角質層が薄くなると
外部からの刺激をダイレクトで受けやすくなりますし
体調の変化もスグに肌に出やすくなってしまうんですよね。

 

肌が薄くなっている人は、肌のターンオーバーを促して
うるおいをキープ、そして肌の自己再生力をうながすことが大切です。

 

具体的な対策としては、スキンケアの仕方と保湿ケア
それとビタミンなどの栄養成分の補給です。

 

まず洗顔やスキンケアは、顔をゴシゴシとこすらないように
注意しましょう。

 

石鹸や化粧水、クリームなどの肌に塗るものは、
防腐剤などの刺激物や添加物が含まれていないものがいいです。

 

また、化粧は薄く、クレンジングオイルは使わず、
洗顔後もちょっとベトベト感が残るくらい油分を残すように。

 

保湿はセラミドなど肌のうるおいを保てる成分がおすすめです。

 

そして、スキンケアだけじゃなく、体の内側からのケアも大事。

 

ビタミンをはじめとした美容成分を積極的に補給し
体の免疫力と代謝をアップしながら
肌のターンオーバーを正常に戻していきましょう。

 

乳酸菌や食物繊維などで
腸内環境を整えていくことも肌荒れを早く治すためには重要です。

 

体の内側・外側からケアして、繰り返さないようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

赤みを伴う肌荒れの治し方
赤みがある肌荒れに悩んでいませんか?肌が荒れるとカサカサしたり赤みが出たりしますよね。見た目も気になりますし早く治したいはず!そこで赤みがある肌荒れの原因と改善策について紹介しています。