季節 変わり目 肌荒れ

季節の変わり目にできるニキビや吹き出物を改善するには?

季節の変わり目になるとニキビや吹き出物ができたり
赤みやかゆみをともなう肌荒れに困っていませんか?

 

一般的に、季節の変わり目は気温や湿度の変化など、
肌が敏感になりやすい状態です。

 

季節の変わり目に肌トラブルが起こりやすいのもこのためです。

 

最近では、これを「ゆらぎ肌」なんて呼ばれています。

 

この「ゆらぎ肌」は敏感肌と似た症状が多いため、
敏感肌の仲間と考えられています。

 

自分のお肌に合わせたスキンケアをするのは基本中の基本ですが、
季節によって変化するお肌の状態に合わせたケアが必要です。

 

 

春の肌荒れの原因と対策

 

春になると気温の上昇とともにニキビや吹き出物ができやすくなります。
これは、暖かくなったことで皮脂分泌が盛んになることが原因。

 

また、冬の間の乾燥や身体の冷えが肌に現われるのも、このタイミングです。

 

また急激な気温変化が肌の新陳代謝を乱すことも少なくないそう。

 

さらに、花粉によるアレルギーなどによっても肌荒れが起こりやすくなります。

 

春に肌荒れが起きやすいのは、これらの原因によるものですが
一つとは限りません。2つ、3つの原因が重なることも・・・。

 

対策としては、Tゾーンなどの皮脂分泌が盛んな部分はしっかりと洗浄し、
カサつく部分は潤いを与えるといったような部分ケアがポイントです。

 

また、ホルモンバランスを整えたり新陳代謝を上げるなど
体調管理に気をつけて身体の内側から免疫力をアップしておくことが
春の美肌を保つ秘訣となります。

 

 

夏の肌荒れの原因と対策

 

夏は紫外線対策が大切です。
しかしUV化粧品などによる肌の負担が気になる方は、帽子やサングラス、
日傘の使用がおすすめです。

 

また皮脂の分泌量が増え、メークも崩れやすく、
余分な油が酸化しやすい状態になっています。

 

洗顔はより丁寧に行なうように心掛けましょう。

 

また、エアコンの影響により夏でもドライスキンに悩まれる方も多いようです。
夏でもお肌の保湿はしっかり行なってください。

 

さらに、身体の内側からはビタミンCを補ってあげると効果的です。

 

 

秋の肌荒れ原因と対策

 

夏に受けた紫外線の影響、そして温度変化などによる体調不良によって
肌トラブルが増えるのが秋口です。

 

とくに体の疲れとともにシミやくすみが気になる人が多いようです。

 

角質ケアや血行促進対策を行ない、お肌のターンオーバーを乱さないこと、
そして冬の到来前に肌のバリア機能を高めるための保湿も重要です。

 

 

冬の肌荒れ原因と対策

 

冬はなんといっても乾燥対策が重要課題。

 

エアコンをつけた部屋では加湿器などを利用して湿度をコントロール
してください。

 

肌にとって理想的な湿度とは60%から65%。エアコンを20度くらいに
設定して温めた部屋の湿度は平均すると20%ともいわれます。

 

部屋のなかでも肌がチクチクしたり、つっぱる感じがあれば、
それは肌の水分が奪われている証拠。

 

こまめに水分を補い、クリームなどで蒸発を防ぐよう保護をして
あげてください。

 

放っておくと乾燥が原因でシワや肌荒れのトラブルが起こるだけでなく、
皮脂バランスを崩し吹き出物などのトラブルにもつながります。

 

もちろん外からのケアだけでなく、日中こまめに水分補給を行ない、
体の内側からも水分を保つように心がけましょう。

 

 

近年は年間を通して空調が管理されているため、
どちらかというと一年中ドライスキン気味の女性が多いようです。

 

通年を通して大切なケアはスキンケアなら保湿とUV対策。

 

そして、身体の内側からは、ビタミンBやビタミンCなど
お肌に大切な栄養素の補給がカギです。

 

季節の変化にも影響されない健康な美肌づくりに役立ててください。

 

関連ページ

春の肌荒れは花粉症が原因?
春の肌荒れは花粉症が原因?春は日中と朝晩の気温差が激しく、紫外線の影響なども受けやすくなります。そんななか花粉症によるアレルギーで肌荒れがひどくなることも多いそう。花粉アレルギーによる肌荒れの効果的な対策について紹介しています。