冬 肌荒れ

冬の肌荒れ対策!顔の乾燥・粉ふきを防ぐスキンケアのコツとは?

毎年冬になると、皮膚がカサカサして
顔の肌荒れがひどい・・と困っていませんか?

 

皮膚がカサカサして目元や口元の皮が剥けたり粉がふいたり、
また、お肌が敏感になってヒリヒリしたりする女性も
案外と多いと思います。

 

なぜ、冬は肌が荒れやすいのでしょうか?

 

 

冬に肌荒れが多くなる原因

 

冬に肌荒れの症状が多くなるのは乾燥が主な原因です。

 

夏に比べて湿度が低下して空気が乾燥しているので
皮膚に供給される水分量そのものが減少しますよね。

 

室内で暖房器具を使うと湿度はさらに低下し、
皮膚の乾燥が進んでしまいます。

 

でも、昔はそんなに乾燥を感じなかったというあなた。

 

肌の細胞が保湿成分をつくる機能は
加齢によって低下するため、
年齢を重ねると乾燥しやすくなるんです。

 

皮膚が乾燥した状態は、ドライスキンと呼ばれていますが
ただ単にお肌が乾燥しているだけじゃなく
角層がはがれやすくなり、皮むけや粉ふきの症状があらわれます。

 

さらに、皮膚の一番外側にある角層にはバリア機能の役割がありますが
乾燥して角層細胞の間に隙間ができてしまうと
外界からの刺激を受けやすく、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

 

冬の肌荒れを防ぐスキンケアのポイント

 

お肌のバリア機能を保つためには3つのポイントがあります。

 

1.肌を清潔にする

 

清潔にすることを過剰に意識して過度に洗いすぎることは厳禁です。
肌のバリア機能の破壊につながり、乾燥や肌あれを引き起こす要因となります。

 

刺激を与えずに、やさしく汚れだけをしっかり落とすことが大切。

 

また、お湯の温度が高過ぎると必要な皮脂も流れてしまうので注意しましょう。

 

2.保湿をする

 

肌の乾燥を防ぐには、保湿剤やスキンケア製品で角層からの水分蒸発を防ぎます。

 

洗顔後やお風呂上がりは、とくに乾燥しやすいので
なうべく時間を置かずに化粧水、乳液などで保湿して乾燥を防ぐようにしましょう。

 

また、暖房器具を使用している室内では定期的に保湿ケアするのも有効です。

 

3.紫外線を避ける

 

紫外線を浴びると、肌が乾燥しやすくなります。
春から秋は紫外線対策を万全にしていても、冬は疎かになっていませんか?

 

じつは、秋から冬の間は太陽の照射角度が低くなる分
顔全体に紫外線が当たりやすくなるんです。

 

なので、冬場の紫外線対策も忘れずに行いましょう。

 

 

この3つのポイントを心がけてスキンケアすれば
乾燥による肌荒れは改善していくはずです。

 

 

スキンケアで乾燥を防ぐのは規則正しい生活習慣があってこそ効果があります。

 

睡眠不足や運動不足になっていませんか?
バランスの良い食事をしていますか?

 

とくに、睡眠と栄養は元気な肌細胞をつくり出すのに欠かせない存在です。
十分な睡眠とバランスの良い栄養摂取を心掛けましょう。

 

 

 

 

関連ページ

季節の変わり目の肌荒れ対策
季節の変わり目に肌荒れがひどくなる原因と対策は?季節の変わり目になるとニキビや吹き出物が出来やすかったり、赤みやかゆみなどの肌トラブルを繰り返すなんてことも。季節ごとの肌あれ改善改善対策についてまとめています。
春の肌荒れは花粉症が原因?
春の肌荒れは花粉症が原因?春は日中と朝晩の気温差が激しく、紫外線の影響なども受けやすくなります。そんななか花粉症によるアレルギーで肌荒れがひどくなることも多いそう。花粉アレルギーによる肌荒れの効果的な対策について紹介しています。
秋の肌荒れは花粉が原因?
秋の肌荒れは花粉が原因なの?季節の変わり目って肌が荒れたり敏感に傾きますよね。秋は肌トラブルが最も多い季節なんです。花粉以外にも原因はいっぱい。秋から冬の肌荒れ・かゆみ対策についてまとめています。