妊娠初期 肌荒れ 対策

妊娠初期に肌荒れするのはどうして?

妊娠初期、肌荒れがひどく、吹き出物ができたり、
乾燥してカサカサに・・・なんて困っていませんか?

 

妊娠前は肌トラブルの無かった女性でも、
妊娠すると乾燥やかゆみ、ニキビや吹き出物など
肌荒れに悩む妊婦さんは多いようです。

 

妊娠をすると体の中のホルモンバランスが変わり、
さまざまな症状を自覚するようになります。

 

妊娠初期の主な症状としては、

  • 眠気が強い
  • 肌トラブルや肌荒れ
  • おりものに変化がある
  • 風邪のようなだるい症状
  • 便秘がちになる
  • 生理とは違う少量の出血がある
  • イライラすることが増える

などが挙げられます。

 

なかでも、見た目で気になるのが肌荒れの症状。

 

それでなくてもホルモンバランスの変化や、
つわりによる具合の悪さなどで
イライラしたり落ち込んだりしがちな時期。

 

さらに肌トラブルが起こると本当に憂鬱になりますよね。

 

妊娠初期の肌荒れは
ホルモンバランスの乱れと急激な栄養不足が大きな原因。

 

妊娠によって女性ホルモンのバランスが乱れ、
お腹の赤ちゃんに栄養が取られ始めるのが肌に影響するのです。

 

 

妊娠初期の肌荒れはいつまで続くの?

 

これらの乾燥やかゆみの症状は出産まで続くこともあり、
妊娠掻痒症という病名もあります。

 

対策としは、かゆみをとめる内服薬やクリームで症状を抑えます。

 

また、 体を清潔に保ち、刺激性の少ない洋服を着ることや
入浴後などに保湿力の高いクリームでケアをすると良いそうです。

 

さらに、妊娠初期にはプロゲステロンが増加することで
ニキビや引き出物も出来やすくなります。

 

妊娠中の肌荒れは、妊娠中期に入ると、ホルモンバランスの乱れが安定し、
だんだん症状も落ち着いてくることがほとんどなので、あまり悩みすぎず、
規則正しい生活や基本的な正しいスキンケアを心がけてくださいね。

 

 

妊娠初期の肌荒れ対策

 

・低刺激の石けんに替える

 

肌への刺激を減らすために、低刺激の石けんに替えてみるのもおすすめ。
洗顔後は十分に保湿するようにしましょう。

 

・髪はまとめる

 

髪の毛が肌を刺激して肌荒れやニキビができる原因になっていることがあります。
顔に触れないように髪をまとめるといいですよ。

 

・栄養のバランスを考えた食事

 

偏った食事や外食ばかりを続けていると、栄養が不足して肌がガサガサになる原因に。
バランスの良い食生活を心掛けてくださいね。

 

・適度な水分補給

 

妊婦さんは、水分不足に陥りがちです。
便秘になったりお肌にも良くありませんので水分補給を忘れずに。

 

・睡眠時間を確保

 

睡眠不足は、肌荒れ・ニキビの原因になります。
十分な睡眠時間を確保できるように生活習慣を改善しましょう。

 

また、妊娠中はホルモンの影響でシミができやすくなる時期です。
お出かけするときは、低刺激の日焼け止めを塗ったり
帽子やサングラスを使うなど、UVケアも忘れずに心がけましょう。

 

 

関連ページ

産後の肌荒れの原因と対策
産後の肌荒れに悩まされているママへ。シミ、そばかす、カサつき、ニキビ、湿疹、かゆみ、乾燥など出産後に肌荒れの症状がひどくなったり悪化する女性は多いようです。原因をしっかり見極め正しいケアと効果的な対策で美肌を取り戻しましょう。